師走浪人セブン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調味料
世に調味料はさまざまあれど、古い時代からあり、振りかけるだけで何にでもすぐにダシ味を加えることができるのは鰹節粉だけではないかと思うのですよ!



スポンサーサイト
昔ながらの
いい食パンをもらったので、ブルーベリーだけを使ったジャムを買ってきた。
かさ増しして増粘剤で固めたジャムは安く出回っているけど、昔どおりのものは生産量が減ったことにより逆に値段が上がってしまった。
これは本当に幸福と言えるのだろうかと、ふと疑問に思った。



麺づくりと麺職人
カプ麺業界に乾麺を大々的に打ち出したのは個人的印象として麺づくりが最初だったような記憶があります。
次に似たような値段帯で登場したのが麺職人。
担担麺以外は麺職人が僅差で上回っているというのが個人的な(しつこい)認識だったのですが、
どうしてどうして、麺づくり醤油とんこつ味の出来は衝撃でもありました。
一方、麺職人の方も香るしじみだし醤油味を打ち出してくる。

AMDがPC向けCPUで大失敗してからintelのCPUも進化が止まってしまったし、競争って大切だなぁ。



グラノーラの隠された努力
フルーツグラノーラに軽くはまってます。

色々なメーカーから出ている製品に手を出しているのですが、
ちょっとマイナーなところのものを買ってみたところ、思っていた以上にドライフルーツがたんまり。
しかし、食べていくごとにドライフルーツは減り、穀物ばかりに。
上の方ばかり華やかに見せているのではなく、どうも比重の問題のようです。
放っとくとドライフルーツが下へ下へ沈んでしまうので、最初から上にのせてあると。

有名メーカー品ではそういう分離はあまり起きません。
となると、中身が片寄らないように穀物部分の比重を高めるという処置が施されているというわけか。
見えない努力に乾杯。



費用対効果
ミルキーはどういう宣伝をうつよりも、歯の詰め物がとれにくくなったことをアピールした方が売れ行きは伸びると思う。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。