師走浪人セブン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリ熊・最終回
「あなたの好きは本物ですか?」
という問いは、もう一度ゼロから始めても同じ関係になれるのかという意味だったわけですな。
本物という言葉は、偶然性を排除してなおそこに残ったものを指すと。

人魚姫・ハッピーエンド版ですな。
「王子様を人魚にしてください!」
最初の願いが間違っとったんや!
でも、ハッピーエンドにはその間違いが必要だったのかも。
愛は傲慢。愛は無償。矛盾に満ちた概念。
後者だけの人魚姫は泡となって消えました。

中島みゆきの「あした」の歌詞を思い出します。
心だけになっても愛してくれますか?
愛は全てを求め、なおかつ全てを与える。

テーマ的には、約束のキスは三頭身の熊の姿でやってほしかった。
そうだったら号泣してましたわ。

ゲス熊とツインテールのところはザ・フライ2で実験に使われていた犬を思い出しました。
結末は逆ですけど。
『いたわりつつ殺す手を見たことのない者は、人生をきびしく見た人ではない』
現代的価値観の中で物語を作る時にはニーチェは避けられませんな。

純花=アンシー説は、ゲームマスターという意味では当たっていたかも。
ただし、その役どころは真逆ですな。人をたぶらかす者ではなく、救いの主として。




一斉射撃のシーンで随分昔の拙作を思い出しました(苦笑
テーマ的にも似てますし。
あそこの効果音は自分で加工したんだったな……(遠い目
散発的な銃声がしつこく続いていたところが自分なりのこだわり。

やはり、WASPの中にイスラム教へ改宗する者が増えているということも下敷きになっているような気がします。

>本物という言葉は、偶然性を排除してなおそこに残ったものを指す。
子供の頃から疑問に思っていることがひとつあります。
キリスト教、イスラム教、仏教、その他もろもろを信じる人たち。
もし、他の土地に生まれていたら、他の宗教を信じていたのではないか?
そういう偶然性に左右されるものは本物と言えるのだろうか?
真実の宗教がただ一つなら、どの文化圏に生まれたかという偶然によって死後の地獄行きが決まってしまう人が大量に出てしまう。
その不自然さ、不合理さを解決するとしたら、ただ一つの真実の宗教が存在するという前提が否定されなければならない。
それなら真実の所在はどこに?
この世に存在する無数の宗教、その全てに共通する部分などない。
全能の神が存在すると仮定した場合、少なくともこの地球に神の無謬は存在しないことになる。
神は全能であるがゆえに、地球になど関心はない。
どっちを向いてもニーチェが立ちはだかる。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。