師走浪人セブン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太宰
女から精神的にも金銭的にもひたすら甘やかされ、それでいて女のことを表も裏も動物的で薄っぺらいと心底見下していて、そんな女のありもしない神秘を覗き見したいと思っている男どものことも馬鹿にしきっていて、作品がそういう人生の私小説にすぎないことを川端康成に見抜かれ、せめて死ぬことで芥川龍之介のようになろうとするがそれも成し遂げ得ず、結局そこから抜け出せないで自殺ごっこが本当の死につながったが、芥川の自殺の原因は芸術とは無関係な偏頭痛だった、というのが私の偏見に満ちた太宰治観。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。