師走浪人セブン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力の均衡
RTSをしていると、戦力の均衡というものは一度崩れると拡大する一方だということがよくわかります。
だから、世界に勢力が二つしか存在しない戦争物というのは、今まで二つが並立できていた理由をよほどうまく説明できない限り、必ずどこかに無理が生じるものです。




並立できている理由というのは具体的に何があるかと考えてみると、
イデオンやバイファムのようなファーストコンタクト、
ファーストガンダムのように搾取されていた側が立ち上がる、
というものがすぐに思いつきますが、
どちらも並立というよりは別々に存在していて没交渉だったり、包括されていたりですね。
そういやイギリスファンタジーでも、法と混沌の神々の闘争を基礎に置きながら、舞台は中つ国だったり、別にエントロピーの神々がいたり、勢力としては白か黒かの二択ではないというのがミソなのかも。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。